So-net無料ブログ作成
検索選択

紫外線対策と落とし穴 最新UVケア 

紫外線が強まる季節、日焼けが気になります。
先日、はなまるマーケットで「紫外線」について特集がありました。


紫外線Aの量は、冬場から徐々に増え始め、
5月に冬場の2倍に達すると、その後ピークが9月ごろまでずっと続きます。

紫外線にはA波とB波があり、
5~9月に多いA波は、肌の奥まで達し、
シミ、シワ、タルミの原因になります。

しっかりUVケアしていないと、
肌の奥で隠れシミとなり、
将来肌の表面に現れてしまいます。

しっかりケア

プロゴルファーの東尾理子実践、完璧なUVケア

プロのゴルファーならではの完璧な紫外線対策です。
普段はここまで完璧にUV対策することもないでしょうが、
参考になるところもあるのではと思います。

白い服は日焼けしやすい。
紫外線は白などの薄い色だと透過しやすい。
白と黒の縞模様の白い部分だけ日に焼けたそうです。

UV加工のウェアを着用する。
ファッションに気を使うプロならではですね。

襟を立てて、首の後ろを守る。
おしゃれをしながら、UV対策にもなって一石二鳥です。

短パン着用時は、UVストッキングを着用する。
肌を露出しないことが大切のようです。

日焼け止めは、腕、肩、首の後ろまで塗り、UV加工のウェアを着用する。
UV加工というところがポイントなんですね。

ラウンド中にも、こまめに日焼け止めクリームを塗る。
日焼け止めは時間が経つと、汗などで落ちてしまいます。
面倒臭がらずに塗りなおすのが大切。

唇にはUVカット効果のあるリップクリームを塗る。
唇は盲点でした。みみなしほういちが耳にお経を書いてなかった的な。

ここまでできれば、日焼け止め対策は完璧です。

ただスーパーへの買い物など、ちょっとした外出のために、
毎日日焼け止めを塗るのは、肌への負担が心配です。
そんなときは便利グッズを有効活用しましょう。

下の便利グッズをつけて日傘を持てば安心できます。
もちろんある程度なら、日傘を持たずに自転車にも乗れます。
両手が空くので、ちょっとした作業にも便利です。

UVカットつば広帽子
頭部を紫外線から守る帽子です。
つばがあるのとないとでは、UVカット効果に大きく差が出ますので、
なるべくつばの大きなものを選ぶのが大切です。

色は、白やベージュよりも、
黒や紺のほうが紫外線を通しにくいです。

UVカットフェイスカバー
鼻、口、首筋までをまとめて紫外線から
ガードできるスグレモノです。

特に耳の後ろや首筋が、おろそかになりがちですが、
これで覆ってしまえば安心です。

UVカットアームカバー
指先から二の腕までをすっぽりカバーできるタイプがオススメです。
帽子と同様に、黒などの濃い色が、紫外線吸収率が高くて良いです。

UVカットサングラス
紫外線が目に入ると、
紫外線に当たっていない肌のメラニン色素も増加し、
肌の黒ずみの原因にもなってしまいます。

UVカット率がしっかり書かれたメラニンレンズを選ぐことが大切です。

また、濃い色のレンズは瞳孔が大きく開き、
目に入る紫外線量が増える場合があるので、
気をつけないといけません。






紫外線はガラス窓を通り抜けます

もう一つ注意したいのが、
紫外線はガラス窓を透過して入ってきます。
車の中にいても安心できません。

これは屋内でも同様です。
窓を閉めていても紫外線は入ってきます。

なのでUVカット加工が施されたカーテンや、
窓に直接貼るUVカットフィルムを使い、
紫外線の侵入を防ぎましょう。


古い日傘に注意

日傘のUV加工は、年数を経るにつれ落ちてしまい、
UVカット効果が薄れます。
古い日傘は、UV加工し直すか新しいものに変えたほうがよさそうです。


日焼け止めの新国際基準
PA++++(ピーエーフォープラス)が今年から追加になりました。

新基準は次のようになりました。

PA+    効果がある
PA++   効果がかなりある
PA+++  効果が非常にある
PA++++ 効果が極めて高い

ピーエーフォープラス対応商品も続々発売されています。
普段使いなら、PAの低いものをコマめに塗りなおしたほうが、
お肌への負担が少なくてすみます。


日焼け止めは主に4タイプ

乳液タイプ
乾燥肌の方にオススメです。
ヒアルロン酸などの保湿成分や美容液の入ったものもあります。
肌への負担も少ないです。

ミルクタイプ
敏感肌の方にオススメです。
保湿成分が含まれており、化粧下地としても使えて便利です。

ジェルタイプ
オイリー肌の方にオススメです。
毛穴が詰まりにくいのでニキビ肌にも負担が少ないです。

スプレータイプ
化粧の上から簡単に使えます。
髪や体、塗りなおしに便利です。

敏感肌の方は成分に注意です。
無添加やオーガニック、PAの低いものを選びましょう。


日焼け止めは、面倒でもしっかりと洗い落とさないといけません。
肌に付着したままにしておくと、
肌荒れの原因になることもあるそうです。


不足しやすいビタミンD

ビタミンDは、日光を浴びることで、体内で合成します。
しかし、日焼け止めや衣服などで日光を遮ると、
十分に合成できず、どうしても不足しがちになります。

ビタミンDを摂取することで、乳がん、大腸がんなどのリスクが、
大きく下がることが分かってきています。

特に日光を浴びていない方は、
食べ物やサプリメントを通して、積極的に摂取したいところです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。