So-net無料ブログ作成
検索選択
エッセンシャルオイル ブログトップ

天然のエッセンシャルオイル(精油)を使った蚊よけの作り方 

蚊が飛び交う季節になりました。
ベランダや庭先で少し作業しただけで、
蚊にかまれて厄介です。

市販の虫除けスプレーも売ってるのですが、
できることならあまり使いたくないんです。




というのも、市販の虫除けスプレーには、
「ディート」(ジエチルトルアミド)が主成分として使われています。

ディートは、第二次世界大戦中、米軍が
マラリアなどの伝染病を媒介する蚊やダニに対する
忌避剤として開発したものです。

一方、有害性についても心配されており、
海外ではその使用においては、
かなりデリケートなものになっています。

スプレーの微粒子を吸い込んだり、
傷口や目、口などの粘膜や皮膚に付着した成分が、
体内に吸収されるなど、
農薬成分はできるだけ体に取り込みたくないものです。

ハーブの香りには、害虫に対して忌避効果をもつものもあります。

エッセンシャルオイルは、
ハーブの芳香成分を抽出した天然成分です。

天然のナチュラルパワーを使って、
蚊よけスプレーを作ってみましょう。

どのエッセンシャルオイルを蚊が嫌うのか?

ゼラニウム
シトロネラ
ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)
レモングラス

主にこの4種類が虫除けとして有名です。

主成分のシトラールやシトロネラールが、
虫を寄せ付けにくくしてくれます。

今回は、ゼラニウムをメインに
シトロネラをブレンドしてみます。

どれも虫の嫌がる成分が入ってますので、
あとは好みで選んでみてください。


蚊よけスプレーの作り方

用意するもの
・遮光瓶スプレー(50ml)
・無水エタノール 5ml
・エッセンシャルオイル(ゼラニウム) 8滴
・エッセンシャルオイル(シトロネラ) 2滴
ミネラルウォーター 45ml

エッセンシャルオイル

1.目盛り付きのスポイトなどで、
無水エタノール5mlを計ってスプレー瓶に入れます。

2.エッセンシャルオイルをスプレー瓶に1滴ずつ垂らします。

3.ミネラルウォーター45mlを加え、
蓋をしてよく振って混ぜたらできあがり。

市販の虫よけスプレーのようにキツイ臭いもなく、
柑橘系の爽やかな香りです。

天然成分を使っていて、
中に何が入っているのか納得した上で使えるので安心です。

このように、蚊よけスプレーが簡単に自作できますので、
ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

皮膚が敏感な方やお子さんには、薄めて使ってください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
エッセンシャルオイル ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。