So-net無料ブログ作成
検索選択
コンタクトレンズ ブログトップ

コンタクトレンズ、有名販売店のOEM製品とメーカー製品との違いとは? 

有名コンタクトレンズ販売店から購入したコンタクトレンズ。

ネット通販では、同じメーカーの商品が、
別名で半値以下で販売されていることを知ったので、
中身の違いがあるのかないのか、詳しく調べてみました。

まずは、資料改訂の時期から、
医療機器承認番号の推移を追ってみましょう。

ナチュレハード

2005
アイシティ ナチュレ:20100BZZ00910000
2009
ブレスオーハードCL:20100BZZ00910000
2010
ブレスオーハード2:20100BZZ00910A01(旧承認番号:20100BZZ00910000)
ブレスオースーパーハード:20100BZZ00910A02(旧承認番号:20100BZZ00910000)
ナチュレハード:20100BZZ00910A03(旧承認番号:20100BZZ00910000)

同じ承認番号でも、途中で商品名が変わっていることがわかります。

アイシティ ナチュレ(OEM)、ブレスオーハードCLと来て、
その後、ブレスオーハード2、ブレスオースーパーハード、
ナチュレハード(OEM)の三兄弟に枝分かれしています。

旧ナチュレハード

三兄弟、承認番号は違っても中身の差は微妙

それでは、現行モデルの
ブレスオーハード2
ブレスオースーパーハード
ナチュレハード
この3種のデータを比較して詳しく見てみましょう。

素材は、3種類とも同じものが使われています。
構成モノマーは、「フッ素含有メタクリレート系化合物」、「ケイ素含有メタクリレート系化合物」、
着色剤は、「フタロシアニン系着色剤」となっています。

Dk/L値(酸素透過率)
ブレスオーハード2:100(重力単位系)
ブレスオースーパーハード:88(重力単位系)
ナチュレハード:100(重力単位系)

中心の厚み
ブレスオーハード2:0.15mm
ブレスオースーパーハード:0.17mm
ナチュレハード:0.15mm

3種共通の仕様
曲げ強度:300kg/cm2(重力単位系) 29MPa(SI単位系)
可視光線透過率:90%
Dk値(酸素透過係数):150(重力単位系)、113(SI単位系)

さらに、コンタクトレンズを購入する際に、
必要となるデータを見てみましょう。

度数(PWR)は、3種とも共通
0.00~-20.00( 0.25刻み)

直径(DIA)
ブレスオーハード2:9.0、9.3、9.6 mm
ブレスオースーパーハード:8.7、9.0、9.3 mm
ナチュレハード:9.0、9.3、9.6 mm
(真ん中の数値が標準)

ベースカーブ(BC)
ブレスオーハード2:7.40~8.40 mm( 0.05 mm刻み)
ブレスオースーパーハード:7.20~8.40 mm( 0.05 mm刻み)
ナチュレハード:7.20~8.40 mm( 0.05 mm刻み)


これらのデータから、

・ブレスオースーパーハードは、
他より中心の厚みがあり、
サイズが一回り小さい。

・ブレスオーハード2とナチュレハードに至っては、
承認番号が異なるものの、ほぼ同等品。

ということがわかります。

有名販売店のOEM商品を購入すると、
視力の変化などで目に合わなくなったり、破損した場合でも、
購入してから1年以内なら、何度でも交換できるというメリットがあります。

でも、性能も中身もほぼ同じものを買うのですから、
眼科医の検査を受け、処方を受けてから、
安い販売店を探して購入すれば、購入価格を抑えることができそうです。

法的には、コンタクトレンズの購入に処方箋は必要ありませんが、
自分の目に合ったものを選ぶために、眼科医の検査は受けておきたいところです。




コンタクトレンズのデータ表記について

次のデータを控えておくと、コンタクトレンズ購入の際に便利です。

表記.jpg
①ベースカーブ(BC)
コンタクトレンズの湾曲度合いです。

②度数(PWR)
プラスになるほど遠視度数が増し、
マイナスになるほど近視度数が強くなります。
(SPH)とも表記されます。

③直径(DIA)
コンタクトレンズの直径です。サイズ(S)とも表記されます。

④中心の厚み(CT)
酸素透過率に関係します。
薄いほど酸素をよく通します。


コンタクトレンズ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。