So-net無料ブログ作成
作り方・レシピ ブログトップ

焼きたてふわふわ!GOPANで作る、ふくらむ天然酵母パンレシピ 

GOPANといえば、お米からパンが作れるホームベーカーリーとして有名ですが、
天然酵母パンも簡単に焼くことができます。

ドライイーストを使わないパンなので身体に優しいですし、
小麦の自然な風味が楽しめます。

でもGOPANの基本レシピのまま天然酵母パンを作ると、
もちもち感はあるのですが、少し硬めのパンに仕上がります。

これはこれでおいしいのですが、市販のパンに慣れていると、
もう少しふんわり感がほしくなるときがあります。

そこで、レシピに少し手を加え、ふくらみとしっとり感がアップした、
ふわふわの天然酵母パンにしてみます。

天然酵母の定番、ホシノ酵母パン種

天然酵母の生種には、「ホシノ丹沢酵母パン種」を使います。
発酵力が強力なので、生種が原因による失敗が大きく減ります。

レシピ

・パン用小麦粉(春よ恋) 290g
・砂糖 大1(8g)
・塩 小1(5g)
・無塩バター 10g
・生種 25g
・水 175cc
(・モルトパウダー 小さじ1/2(1.5g))なくてもOK

1. 粉類、バターを全て計って軽く混ぜておきます。
(キッチンスケールの上にビニール袋を開いて、
計量しながら中に入れていくと楽です)
2. 小麦パンケースに羽をセットし、生種→水→粉類の順に加えていきます。
3. 天然酵母の食パンモードにセットして、焼き上がったらできあがり。

すぐに食べない場合は、 取り出してから30分ほど冷ました後、
ビニール袋にしまっておけば、パサつきが防げます。

モルトパウダーを少量加えると、さらにパンのボリュームがアップします。
増粘剤、乳化剤無添加のものがオススメです。



水分量は、国産小麦粉に合わせて調整していますので少なめです。
お使いの小麦粉に合わせて増減してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

超簡単!自家製ヨーグルトの作り方 

普段何気なく食べているヨーグルト。
実はこれ、家庭で簡単に作れます。

一度作るとクセになる、手作りヨーグルト。

材料は、牛乳と市販のヨーグルト、たったこれだけです。
ヨーグルトメーカーのような、特別な装置はいりません。


ではどうやって作るの?

ヨーグルトの作り方を詳しく見ていきましょう。

用意するもの
・牛乳1000ml
・市販のヨーグルト 大さじ2杯
・密閉容器(1200ml)
・保温バッグ(100均のものでOK)

作り方
1. 鍋に牛乳を少し入れ、そこにプレーンヨーグルト大さじ2を加え、混ぜて溶かします。
2. 残りの牛乳を全て加えて混ぜます。
3. 湯せんにかけて、牛乳が41℃になるまで温めます。
4. 温まったら密閉容器に移して、保温バッグに入れ、中身が冷めない場所で、8~12時間放置します。
5. 時間が来たら取り出してみて、固まっていたらできあがり。

冷蔵庫で冷やしておいしくいただきましょう。
はちみつをかけて食べるのがお気に入りです。



手作りヨーグルト、失敗しないためのポイント

雑菌の混入を防ぐことが大事。

作る前に、手をよく洗い、容器やスプーンは熱湯で消毒します。
手に傷があるときは手袋をするなりして、雑菌の混入を防ぎます。
とにかく雑菌を入れてしまわないことが重要です。

作る量に合わせた容器を選ぶことも大切です。
容器内の空気に触れる部分を少なくして、雑菌の増殖を抑えます。

乳酸菌の発酵温度は、40℃前後が最適です。
50℃を超えると死んでしまいますので、温める際は注意してください。

温度が低くなる場合は、ホットマットを下に敷くなどして、温度を一定に保ちます。

不快な臭い、異臭がする場合は、食べないでください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
作り方・レシピ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。