So-net無料ブログ作成
検索選択
インテリア・雑貨 ブログトップ

お手軽になったウォーターサーバー 備蓄用途にも威力を発揮 

ウォーターサーバーというと、お高いイメージでしたが、
最近のウォーターサーバーは、お手ごろな値段で利用できます。

最新のウォーターサーバーには、
ボトルを足元に設置するタイプもあり、進化しています。


「RO水」と「天然水」あなたはどちらを選ぶ?

ウォーターサーバーは、大きく分けて、
「RO水」と「天然水」の2タイプあります。

RO水は、専用のろ過装置を使い、
製造過程で細菌や重金属といった不純物を徹底的にろ過します。
純粋に近い水になります。

安全で衛生的なので、小さなお子さんのいる家庭に人気です。

天然水は、ミネラル分が豊富で、
地域によって味わいの変化を楽しめます。


冷水・温水どちらも利用可能

ウォーターサーバーは、1台で冷水と温水のどちらにも対応しています。


気になる値段は?

一般的な4人家族の家庭で、1ヶ月あたり50リットルが利用の目安です。
1000mlのペットボトル1本に換算すると、
100~160円とお手ごろな値段です。


コスト重視ならRO水、味にこだわるなら天然水

比較的値段が安いのが、RO水です。
天然水よりもリーズナブルに利用できます。

でもやはり味にこだわりたい、
という人には、天然水がオススメです。

店舗ごとに取り扱う種類が違い、
両方取り扱うお店もありますので、探してみてください。

サーバーレンタル費は、無料の店舗が多いです。


ボトルの種類はワンウェイボトルとガロンボトル

ワンウェイボトルは、使い捨てタイプで、
飲み終わったボトルは、ゴミとして廃棄できます。

ガロンボトルは、ボトルを交換するタイプで、
飲み終わったボトルは、業者さんが交換・引取りしてくれます。


災害対策にも便利

最近は、大きな災害など、
いざというときの備蓄用途としても注目されています。

お手軽に利用できるようになったウォーターサーバーを、
ぜひ活用してみては、いかかでしょうか。


インテリア・雑貨 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

スポンサーリンク




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。